札幌市南区藤野3条6丁目319-1 コープさっぽろ藤野店2階
TEL.011-593-8211 休診日 水曜日・祝日

和田院長メッセージ

HOME > 和田院長メッセージ
施術中の和田院長

和田歯科クリニック院長
和田 義行 Yoshiyuki Wada

主な専門分野 : インプラント一般、口腔生化学

Profile

1991年 北海道大学歯学部卒業
北海道形成歯科研究会(日本口腔インプラント学会研修施設)
北海道大学口腔生化学教室研究生
1996年 学位取得 博士(歯学)北海道大学
1997年 和田歯科クリニック開業
2003年 日本口腔インプラント学会 認定医
2007年 北海道大学歯学部口腔分子生化学教室 非常勤講師
2008年 日本口腔インプラント学会 専門医
2012年 日本口腔インプラント学会 指導医

参加グループ:

和田院長の歯科治療に対する考え方
高度な診断と処置による『歯を残すための治療』

私は大学卒業以来、札幌でインプラントの専門医のもとで、一般臨床とインプラント治療の研さんを積んできました。同時に、北海道大学歯学部口腔生化学講座にて基礎研究を同時に行い、多くの学術論文を作成しながら自分自身の歯科治療に対する考え方を形成してまいりました。そしてたどり着いたのはインプラント治療は正しく行えば、間違いなく長期間自然の歯に近い機能を果たすことが出来るということでした。これは日本口腔インプラント学会が歯科で日本最大の学会であることが証明しています。しかしそのためには、正しい診断と確実な技術が必要です。私は長年日本口腔インプラント学会において研さんを積み、専門医、指導医を取得することが出来ました。

また最近は安易に歯を抜歯して、インプラントに移行するという傾向が一部に見られますが、あくまでもインプラントは歯がなくなってしまった後の補綴処置であり、歯の保存を徹底的に行うことが、第一と考えます。現在、歯の保存はコーンビームCT、マイクロスコープなどの最新機器を使用することにより、かなり高度な診断と処置が可能となりました。当院ではこれらの機器をフルに使い、全力で歯の保存を行い、それでもどうしても抜歯に至った場合に、インプラント治療を説明しています。また歯の補綴方法はインプラントだけではありません。皆様のライフスタイルに合わせた治療法を提案します。

そしてさらに重要なのは、予防処置です。歯周病には歯石・歯垢の徹底的な除去によるクリーニング、子供の齲蝕にはフッ素塗布が有効です。もともと齲蝕にしろ、歯周病にしろ、悪くならなければ治療の必要も、もちろんインプラントの必要もありません。特に若い世代にはこれとともに正しい食生活も重要です。また、一度さまざまな治療を受けて、治療が終了した方は、治療後の良好な状態を保つために、継続的なメンテナンス治療が必要となります。
このような考えに立ち、私たちは、歯科治療を受ける皆様に最善の治療を提供していく所存です。

論文説明中の和田院長

和田歯科ブログ
和田院長の研究・論文についての記事も更新!

和田院長の研究歴
インプラントや歯周病に関する論文を発表しています。

北海道大学歯学部を卒業以来、一般歯科臨床に従事しながら、基礎研究を行うために口腔生化学教室(当時久保木芳徳教授)に入局しました。
ここではまず歯や骨がどのように硬くなるかという石灰化という現象のメカニズムを解明する研究を行いました。その結果、多くの先生方の協力のもと、2つの英語論文を完成し1つはJournal of Dental Researchという、歯科で最高の雑誌に論文を発表することが出来ました。このことは私に大きな自信を与えてくれました。そしてこのように基礎と臨床を同時に行っていくことは、計り知れない力を得られることを確信しました。
さらに開業後、基礎研究を続けていきたいという、私の希望を快く受け入れていただき、細胞培養の道へ入って行きました。臨床を行いながら興味のあった、インプラントや歯周病の治療に用いる生体材料の研究を現在も続け、Journal of Periodontology, Archives of Oral Biology, そしてインプラントの世界最高のジャーナルであるInternational Journal of Oral and Maxillofacial Implants(JOMI)に論文を発表することができました。現在、講座名は北海道大学歯学部口腔分子生化学講座(田村正人教授)に変わりましたが、研究を継続しながら、歯学部の学生の講義なども担当させていただきとても充実した貴重な時間を与えていただいています。研究室のすべての皆様に感謝しております。