論文

和田義行 和田歯科クリニック 札幌市南区藤野 (日本口腔インプラント学会・専門医・指導医)

  • Wada Y, Fujisawa R and Kuboki Y.: A simple method to survey proteins which affect in vitro mineralization; Jpn. J. Oral. Biol, 35:439-442, 1993.(英文、歯科基礎医学会雑誌)
  • Wada Y, Fujisawa R, Nodasaka Y and Kuboki Y.: Electrophoretic gels of dentin matrix proteins as diffusion media for in vitro mineralization; J. Dent. Res; 75(6): 1381-1387, 1996.
  • Wada Y, Fujisawa R and Kuboki Y.: Changes of the rat dentin matrix proteins affected by long-term administration of Hydroxyethylidene-1, 1-bisphosphonate (HEBP); Jpn. J Oral. Biol, 45:428-436, 2003. (英文、歯科基礎医学会雑誌)
  • Wada Y, Ishibashi C, Matsuzaki H and Matsuzawa K.: A case that used diode laser for peri-implantitis; Proceedings of 5th World Congress for oral implantology, Tokyo.2001, 430-431
  • Fujisawa R, Wada Y, Nodasaka Y. and Kuboki Y.: Acidic amino acid-rich sequences as binding site of osteonectin to hydroxyapatite crystal. Biophys. Biochim. Acta. 1292:53-60, 1995.
  • Ishibashi C, Ishii Y, WadaY, Sekiguchi T and Yoshimura H.: A case of vertical augmentation with iliac bone block. Proceedings of 5th World Congress for oral implantology, Tokyo.2001, 400-401
  • 中出修、斉藤正人、蔵口潤、和田義行、後藤邦彦、星佳恵、神田昌巳、松沢耕介、賀来亨、 意図的歯牙再植術を行った大きなのう胞性病変の2症例、日本口腔インプラント学会誌、第7巻、第1号、19-25.
  • Wada Y, Nanbu S, Yamamoto H, Mizuno M and Matsuzawa K: Different cell situations influenced osteoblastic responses to calcium phosphate particles. J. Jpn. Soc. Oral Implant. 18(3): 394-405, 2005. (英文、日本口腔インプラント学会誌)
  • 和田義行 インプラント義歯に磁性アタッチメントを用いた3症例の検討A clinical study of the cases that used magnetic attachment for implant overdenture.日本顎咬合学会誌 第28巻、第1・2合併号、64-71,2008
  • 山本英一、藤沢隆一、和田義行、田村正人 インプラント治療における早期骨吸収と歯肉のIL-1β及びIL-6mRNAの発現に関する研究
  • 北海道歯学会雑誌 27:78-85、2006.
  • Wada Y, Yamamoto H, Nanbu S, Mizuno M and Tamura M. The suppressive effect of enamel matrix derivative on osteoblastic differentiation is neutralized by an antibody against TGF-β. J Periodontol. 2008; 79:341-347.
  • Wada Y, Mizuno M, Tamura M. Enamel matrix derivative neutralized the effect of lipopolysaccharide on osteoprotegerin and receptor activator of nuclear factor kappa B ligand expression of osteoblasts. Arch Oral Biol. 2009; 54;306-312.
  • 和田義行、吉村治範、三上格 インプラントを用いて咬合再構成したすれ違い咬合の1例-ナローインプラントと骨モデルを用いた手術侵襲の軽減―、Application of narrow diameter implant and 3 dimensional bone model to full mouth reconstruction of no opposing tooth occlusion case for less invasive treatment.  日本顎咬合学会誌 第29巻、第1・2合併号、51-58,2009.4月
  • 吉村治範、和田義行、黒江敏史、関口隆、三上格、インプラントと皮質骨ブロック移植症例の長期経過観察、Long-term observation of a cortical bone block graft case for implant treatment. 日本顎咬合学会誌 第30巻、第1・2合併号、34-41,2010.4月
  • 和田義行、吉村治範、三上格、垂水良悦、和泉健、インプラントとジルコニアオールセラミクスを用いた咬合再構成の検討、Application of implants and all-ceramic restoration for occlusal reconstruction. 日本顎咬合学会誌、第30巻、第1・2合併号、26-33,2010.4月
  • 吉村治範、吉村裕美子、三上格、和田義行、Computer Assisted Surgeryの現状、道歯会誌、第56号、95-97,2010
  • 吉村治範、和田義行、黒江敏史、石田昇平、伊藤文敏、田嶋雄大、辻司、松沢耕介、インプラント埋入予定抜歯窩部に初発した悪性リンパ腫の1例ーインプラント治療における病理組織診断の重要性―、日本口腔検査学会雑誌、第2巻、第1号:82-85,2010.
  • 吉村治範、和田義行、黒江敏史、三上格、関口隆、ダウン症候群患者の上顎前歯部にインプラント治療を行った1症例、日本口腔インプラント学会誌、2011.
  • 黒江敏史、三上格、上浦庸司、吉谷正純、吉村治範、和田義行 SAC分類を活用したインプラント治療計画の立案 クインテッセンスデンタルインプラントロジー Vol 18.No5,2011.
  • 南部聡、山本英一、和田義行、磯村治男 インプラント周囲早期骨変化量へ影響する初期固定、骨代謝関連生化学検査、喫煙習慣、粘膜治癒の比較 北海道歯科医師会誌 第66号・2011年2月1日発行7-69頁掲載
  • Wada Y, Mizuno M, Nodasaka Y, Tamura M. The effect of enamel matrix derivative on spreading, proliferation and differentiation of osteoblasts cultured on zirconia. Int J Oral Maxilloac Implants. 27: 849-858,2012.
  • 石橋知代子、和田義行、神田昌巳、上林毅、新村昌弘、吉村治範 インプラントを用いた包括的歯科治療の1症例―多様な骨造成術による補綴主導型インプラントー 日本顎咬合学会誌 第33巻3号202-212,2013

 

学会発表

  • 中畑潜、星佳恵 和田義行、湯浅保宏、松沢耕介、後藤邦彦、賀来亨、多重盲管インプラントの使用経験についてー特にダブルブレードとしての効用ー、平成3年度日本口腔インプラント学会代1回東北・北海道支部総会、平成3年10月19日ー20日、福島市
  • 後藤邦彦、中畑潜、星佳恵 和田義行、鈴木史彦、大内知之、賀来亨、湯浅保宏、松沢耕介、高齢者に対する頤孔間インプラントの1症例、平成3年度日本口腔インプラント学会代1回東北・北海道支部総会、平成3年10月19日ー20日、福島市
  • 和田義行、斉藤正人、中出修、星佳恵、松沢耕介、賀来亨、のう胞を伴った歯牙再植術の2症例、平成5年度日本口腔インプラント学会第23回学術大会、平成5年7月15日ー17日、神戸市
  • 和田義行、藤沢隆一、久保木芳徳、石灰化に関わる蛋白質を検出するための簡単迅速な方法 第34回日本歯科基礎医学会(岡山) 平成4年(1993)
  • 和田義行、藤沢隆一、久保木芳徳、電気泳動ゲルを用いた象牙質マトリクス蛋白の検出 第36回日本歯科基礎医学会(大阪)平成6年(1994)
  • 和田義行、藤沢隆一、久保木芳徳、HEBP投与による象牙質マトリクス蛋白の変化 第38回日本歯科基礎医学会(横須賀) 平成8年(1996)
  • 藤沢隆一、和田義行、水野守道、久保木芳徳、Bisiphosphonateの象牙質マトリックス・タンパク質発現への効果、Upreguration of dentin matrix protein synthesis by in vitro administration of bisphosphonates. 第41回歯科基礎医学会総会(東京)1999. (日本歯科基礎医学会雑誌、41(5))
  • WADA Y, ISHIBASHI C, MATSUZAKI H, and MATSUZAWA K. A case that used diode laser for peri-implantitis; 5th World Congress for Oral Implantology, Jun 30-July 2, 2001. Tokyo.2001
  • ISHIBASHI C, ISHII Y, WADA, Y., SEKIGUCHI, T. and YOSHIMURA, H.:A case of vertical augmentation with iliac bone block. 5th World Congress for oral implantology, Tokyo.2001, Jun 30-July 2, 400-401
  • 小林茂樹、山本英一、柴多浩一、磯村治男、和田義行、西貞利、松崎紘一、松沢耕介、インプラントの上部構造の早期接触が咬合に与える影響に関する定量的分析とその将来的試案(第3報)平成15年度日本口腔インプラント学会代23回東北・北海道支部総会、平成15年10月18日ー19日、秋田市
  • 寺岡敦、上林毅、和田義行、星佳恵、松沢祐介、南部聡、神田昌巳、松沢耕介、インプラント周囲炎への抗菌薬局所投与の有効性について、平成16年度日本口腔インプラント学会代24回東北・北海道支部総会、平成16年10月16日ー17日、福島市
  • 西貞利、山本英一、和田義行、南部聡、神田昌巳、松沢耕介、インプラント周囲炎への抗菌薬局所投与の有効性について、平成17年度日本口腔インプラント学会代24回東北・北海道支部総会、平成17年10月16日ー17日、弘前市
  • 和田義行、水野守道、新しいホワイトニングシステムの開発と臨床評価、平成18年度、第17回、日本歯科審美学会学術大会、平成18年10月14・15日、東京
  • 伊藤文敏、吉村治範、森修一、山口一史、龍方省二、和田義行、松沢耕介、下顎片側遊離端欠損にインプラント補綴を思考した例、平成18年度、(社)日本口腔インプラント学会第26回東北・北海道支部総会、平成17年10月7日ー8日、札幌市
  • 品川浩介、吉村治範、西村浩司、三上格、森修一、和田義行、松沢祐介、松沢耕介、
  • 審美部位における抜歯即時インプラントの1例、
  • 平成18年度(社)日本口腔インプラント学会第36回学術大会、平成18年9月15日ー17日、新潟市
  • 小岩賀代、吉村治範、石井良明、鈴木崇夫、神田昌巳、和田義行、松沢祐介、松沢耕介
  • ダウン症候群患者にインプラント修復を施行した一症例
  • 平成18年度(社)日本口腔インプラント学会第36回学術大会、平成18年9月15日ー17日、新潟市
  • 吉谷正純、吉村治範、石井良明、三上格、和田義行、松沢耕介
  • リッジエケスパンジョンを応用した1例
  • 平成19年度(社)日本口腔インプラント学会総会、平成19年9月14-16日、熊本。
  • 和田義行、五十嵐ゆか、鈴木崇夫、岡田一介、笠原邦昭、風間慶、鎌田友次、安部圭太郎、インプラントを用いて咬合再構成したすれ違い咬合の1例 ―ナローインプラントを用いた手術侵襲の軽減― 平成20年度(社)日本口腔インプラント学会総会、平成20年9月12-14日、東京
  • 南部聡、山本英一、市川大、佐藤周二、北川英二、井上一彦、目良尚子、和田義行、神田昌巳、血清鉄、血清フェリチンとインプラント体周囲の早期骨変化量、平成20年度(社)日本口腔インプラント学会総会、平成20年9月12-14日、東京
  • 市川大、品川浩介、森修一、和田義行、石橋知代子、石田昇平、伊藤文敏、上林毅、南部聡、神田昌巳、五十嵐ゆか、服部寛之、審美領域単独歯欠損に対しインプラントを応用した1症例、平成20年度、(社)日本口腔インプラント学会第28回東北・北海道支部総会、平成20年10月11日ー12日、仙台市
  • 三上格、今井勝己、鎌田友次、田村友彦、和田義行、コンピュータガイドシステムを用いたインプラント治療の臨床的検討第1報 インプラント埋入シミュレーションを再現したサージカルガイドシステムについて、第39回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会(大阪)平成21年9月25-27
  • 和田義行、石橋知代子、市川大、鎌田友次、三上格、インプラントとジルコニアオールセラミクスを用いた咬合再構成について、平成21年度、(社)日本口腔インプラント学会第28回東北・北海道支部総会、平成21年11月14日ー15日、盛岡市
  • 北海道歯科医師会発表、吉村治範、吉村裕美子、三上格、和田義行 Guided surgeryの現状、平成21年
  • 和田義行、専門医への道のりとこれから(シンポジウム)、第40回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会(札幌)平成22年9月17-19日
  • 和田義行、補綴結果から考察された治療計画立案での留意事項(歯科医師スタートアップセミナー)、第40回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会(札幌)、平成22年9月17-19日
  • 品川浩介、吉村治範、上林毅、和田義行、松尾徹也 下顎無歯顎患者にフラップレスで埋入し、即時荷重で咬合回復した1例 第41回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会(名古屋)平成23年9月16-18日
  • 川村良、山本英一、和田義行、南部聡、松崎紘一 インプラント早期骨吸収と環境因子に関する1考察 平成24年度、(社)日本口腔インプラント学会第32回東北・北海道支部総会、平成24年11月3、4日、福島市

 

シンポジウム・講演など

  • 和田義行、第2回ITIStudy Club 札幌 平成21年9月12日(土)TKP札幌ビジネスセンター
  • 和田義行、骨造成とインプラントの生化学、ITIStudy Club 札幌
  • 和田義行 骨造成とインプラントの生化学-From my research- KIZUNA東日本大震災復興支援チャリティー講演会「絆」北海道から東北へ2012~「口腔」私の治療計画~2012年11月23日 北海道歯科医師会館