Wada Y, Mizuno M, Nodasaka Y, Tamura M. The effect of enamel matrix derivative on spreading, proliferation and differentiation of osteoblasts cultured on zirconia. Int J Oral Maxilloac Implants. 27: 849-858,2012. 

続き)

結果はジルコニアディスク上でも骨芽細胞は良好に増殖し、分化することができました。この時点でジルコニアのインプラントに将来性があることはよく理解できました。ところがEMDを塗布したディスクは細胞の接着があまり良好ではありませんでした。我々はこれについてEMDの塗布方法に問題があるのではないかと考察しました。歯の根面にEMDを塗布する場合は直接ゲルを塗布しますが、インプラントに使用する場合はその適用に考慮が必要かもしれません。特に濃度が重要なのではないかと考えています。もしEMDの本質が成長因子であれば、あまり高濃度はよくないかもしれませんね。つまりインプラントにはゲルのintactなまま使用するのではなく、生食などで希釈することが必要かもしれないということです。

 ②骨造成と生化学final(ITIスタディークラブ)jpeg.jpg

この論文の査読もかなり長くかかりました。いくつか再実験を要求されました。困ったのは表面性状を表すSaなどの試験で、その方面にはつてが無かったので、関東のある試験場を探して依頼して図表を作りました。ぜひpubMed(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedQuintessence(http://www.quintpub.com/


のサイトからこの論文を読んでいただければと思います!

いずれにしてもインプラント周囲に骨を作る方法は、従来行われていた方法、いわゆる骨造成(GBRなど)だけでなくEMDをはじめとして、様々な方法が考えられると思います。それには発想の転換が必要です。

そうこうしている間に、以前に国際誌に投稿していた論文(ケースレポート)が受理されました。実はこの症例報告はまさに大きな発想の転換の症例なのです。今度は基礎研究ではなく完全な歯科臨床、インプラントの症例報告です。おそらく皆様にも興味を持っていただけると思います。近々ご紹介しようと思います。

和田義行・和田歯科クリニック・札幌市南区藤野(日本口腔インプラント学会・専門医・指導医)